MENU
ひかる
栄養摂って痩せるOLブロガー
筋トレ嫌いを克服すべく
2019年・2021年にボディメイクの大会に出場。

自身の経験をもとに、栄養摂って痩せるダイエット指導「ご飯塾」を立ち上げ、50人を超える生徒をダイエット成功に導く。

今はブログを立ち上げ、自身の体験をもとに「フィットネス」や「痩せるコスパ飯」を発信中!

30歳 / 愛知県 / 特技:耳コピ

ストレスの溜まる筋トレを少しでも楽しくする5つの思考【やりたくない】

筋トレ,嫌い

こんにちわ。ひかるです。

みなさん筋トレは好きですか?

結論から言いますが、私は筋トレが嫌いです。

あまりに嫌いすぎるので、どうにか好きになろうとボディメイクのコンテストに過去2回出たにもかかわらず嫌いです。

ですが、嫌いなその筋トレにも”少なからず楽しめるコツ”があるのです。

筋トレしなくても筋肉がつく世界線にいたい

という、全筋トレ嫌いの人達にむけて今回は

  • ストレスの溜まる筋トレを楽しくする思考

こちらをご紹介したいと思います。最後まで楽しんでいってくださいね。

ひかる

筋トレ嫌いの人は全員必見!

この記事はこんな方におすすめ!

  • 筋トレがとにかく嫌い
  • 筋トレしなくて良いならしたくない
  • でも筋肉はつけたい
目次

【その1】この世界には2種類の人間がいる

この世界には2種類の人間がいます。それは

筋トレが好きな人間と、筋トレが嫌いな人間

まごう事なき後者な私ですが、よく考えて下さい。

全人類の中で筋トレが好きな人って、そもそもめちゃめちゃ少ないと思うんです。

筋トレをやらなくて良いならやりたくない・・・

そう考えている人が大半ですよね。私もそうです。

最近いたるところにジムが設立され、「ジム通い=当たり前」な風潮が出来てきましたが、これもかなり最近の話。

え、私って置いていかれる?

と思ってしまう方は、安心してください。

会社勤めで毎日ストレスと戦っているのに、疲れ切った身体でさらにジムに行くなんて、全く普通ではありません。

ひかる

疲れた〜ジム行こ〜とはならない

【その2】筋トレをしている=人生の勝ち組

反面、こう考えることもできます。それは

  • 筋トレをしているだけで、普通の人よりすごいということ

一時期は筋トレしているだけで

何目指しちゃってるの?

なんて言われてたのに、今では

筋トレは健康にいいよ〜

と言われる現代。(私は実際に言ってきた人を覚えているぞ)

そんな時代の凄まじさに、一般の人もついていけてないないと思うのです。いつから筋トレをするのが正義になってしまったのか

だからこそ、今この現代において嫌いながらも筋トレをしているだけで、あなた普通から抜け出しているといことなのです。

SNSで美ボディの人を見ても落ち込まないで下さい。嫌いながらもやっているのは1つの才能です。

ひかる

筋トレしている全人類、誇りに思うべき


筋トレが「好き」な人はほんの一握り

そもそも筋トレを好きになるなんて、全人類のほんの一部の一握りの人たちしかいません。

一般的には筋トレの「き」の字も好きじゃない人が大半な中、筋トレを頑張ろうと意識しているだけでも凄いこと。

  • 筋トレを意識してる→えらい
  • 筋トレしている→めっちゃえらい
  • 筋トレ習慣化出来ている→選ばれし戦士

あなたは選ばれし戦士・またはそうりうる可能性を秘めた逸材だということを忘れないでください。

ひかる

筋トレができるは、もはや才能。履歴書に書けるレベル。

【その3】SNSの見すぎで、筋トレが嫌いになってしまう。

筋トレ嫌いの要因の1つにSNSが関与している可能性があります。なぜなら、

  • SNSで他人の筋トレ記事を見すぎて嫌になる。

私はSNSの筋トレアカウントを見ていると、いつもこう思うのです。

女性はいつからお尻が大きいのが正義になったのだろうか・・・。

ひかる

筋トレ界隈、みんなお尻大きすぎ

誰に言われるわけでもないのに、「女性=お尻を大きくしないといけない」ような無言の圧を他方面から感じる私。

お尻以外にも、SNSを参考程度に見ようと思っていただけなのに、勝手に嫌な気持ちになってしまうのはSNSあるある。

こんな風に、なんてことない他者からの価値観がきっかけで、やる気が削がれる人も少なくはありません。

SNSを見すぎることにより、筋トレのやる気を削がれてしまう人は、この点を気をつけていく必要があります。

ひかる

いろんな価値観が混ざり合うからね

【その4】ダンベルとの心の距離が遠い

そしてここからは、実践編になります。

実際に筋トレをしようとした時に「嫌いだわ〜」となるポイントはここだと思います。

  • ダンベルとの心の距離が遠い

キャプテン翼が「ボールは友達!」というのであれば、私たち筋トレ民は「ダンベルが友達!」と言えないとダメだと思うのです。

なぜなら、ダンベルが重すぎると心が折れるから。

前この重さで出来たのに今日はあげられない・・・

そこで大事なのは、ダンベルとの距離を縮めること。

ただでさえ筋トレが嫌いなのに、始めからよくばって重りを足すことは懸命ではありません。

  • 大事なのは、ダンベルの重さを嫌にならない程度に下げること

そうすれば「ダンベルは友達!」と言える程度には筋トレが嫌いではなくなるでしょう。

ちなみにこの記事では筋肥大には焦点を置いていないのであしからず。

ひかる

ダンベルは友達!

ちなみに「ジム嫌い」関連で、別の記事も書いてるのでよかったらこちらも参考にしてみてください。

【その5】嫌いな種目と距離を置こう

レッグプレス 足の位置 足 置き位置

先ほどは、「ダンベルとの心の距離を取ろう」と言いましたが、今度は真逆です。

  • 嫌いな種目と距離を取ろう

よく「嫌いな種目から逃げちゃだめ!」と言いますが、嫌いならやめておきましょう。ジムに行きたくなくなります。(私がそう)

ちなみに、私はラットプルダウンが好きじゃありません。理由は疲れるし、ストレスが溜まるから。

いやいや、どの種目も疲れるやないかーい

その日のコンディションもあるのですが、とにかく嫌いにならないようにするのが大切。

自分のご機嫌は自分でとることが大切なのです。

直感で嫌いな種目は避けても良いということを胸に刻んでおきましょう。

ひかる

別の種目でどうにか出来る。

【まとめ】筋トレしているだけで、あなたは勝ち組

筋トレ,嫌い

いかがでしたでしょうか。

全人類の中でも「筋トレしている人」は限りなく少ないです。

だからこそ、筋トレしているだけで、あなたの勝ち

そんなことを思いながら、今日も筋トレライフを楽しんでいただけたらと思います。

他にもこんな記事を書いているのでよかったら参考にしてみてね

それではまた次の記事で。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

筋トレ嫌いを克服すべく
2019年・2021年にボディメイクの大会に出場。

自身の経験をもとに、栄養摂って痩せるダイエット指導「ご飯塾」を立ち上げ、50人を超える生徒をダイエット成功に導く。

今はブログを立ち上げ、自身の体験をもとに「フィットネス」や「痩せるコスパ飯」を発信中!

30歳 / 愛知県 / 特技:耳コピ

コメント

コメントする

目次