メンタル

孤独に耐えられない!そんな私が唯一乗り越えた方法とは。

みなさん、夜寝る前に

不安になって眠れなくなる時はありますか。

  1. あの時、あんな事言わなければよかった。
  2. あの人は何を考えているのだろう。
  3. 先が見えなくて辛い。

私は、夜になるとこんな風にマイナス思考になるタイプでした。

そして、一人の時間になると強烈な不安に襲われて、

一体どうしたらこの苦しみから解放されるのだろう?

と、毎日自問自答するような、

わりかしナイーブな一面もありました。

これ、意外と私以外にも

思っている人が多いみたいなんですよね。

でも、今思えば

この苦しい期間を経て得たものもあったのです。

そして、あの時の苦しみが

新しい世界に踏み出すきっかけになったのではないのかと、

今では思うようになりました。

今回はこの一人の時間が

とても需要なキーを握っていることを

ブログに執筆していきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

私の苦しかった期間

特に私が悩んでいたのが「恋愛」でした。

簡単に一気一憂して

簡単に心を病むことができる

本当にメンタルがぐらぐら揺れるイベントだなあと

常々、思います。

そんなメンタルなので、

夕方ごろから毎日のようにネガティブスイッチが発動して

  • 「この先この人とどうするの?」
  • 「脈があるかすらわからない」
  • 「好きなのか、そうではないのか」

と、考えるのが嫌になって、

逃げるように眠りについていたのを思い出します。

今思い出すだけでも胃がキリキリしてしまうような

不安な夜を過ごしていました。笑

 

集団にいれば目をそらすことができた

そんなこんななので、とにかく一人になると

スイッチが入ってしまうタイプで、

どうしても逃れられない状態だったのです。

だから、集団にいる時には忘れられた。

なんでもいいから、楽しいことをして

注意をそらしたかった。

そんな心境で、いろんな人に会っていました。

なので、隙あらば誰かとコンタクトをとるようにしていました。

それでも、

ほんの隙間時間にも不安な気持ちはやってくるもので、

想像したら、止まらなくなってしまう。

そしてまた始まる不安な気持ちを一人でポジティブ思考に無理やり持っていき

「大丈夫だよね、そうだよね」と、言い聞かす。

そんな日々を過ごしていました。

「恋愛=麻薬」と言ってもいいぐらい

中毒性があるものだなと、今では思います。

(恋愛してる人はマジすごいですよ)

スポンサードサーチ

どうやって解決したのか

恋愛で不安=解決していない不安がある

ということで、

ずっとその不安から目をそらしていた自分がいました。

特に、その問題に触れようものならば

「ジエンド」の状態だったのです。

ジエンドの恋愛など、さっさと終わらせろよと

今では思うのですが、

その時はやはり、それ以外すがるものがない不安もあって

結果、「不安を耐えればいいのか」という、危ない解釈をしていました。

そして、耐えていれば「また会える」という

「苦しいけど失いたくない」

そもそも、本当の自分の気持ちはどっちなのか?

もはや自分ですら自分がわからなかった状態なのです。

私が前に進むために

ここで、あまりに苦しい時期で、

仕事にも支障をきたすレベルだったのですが、

私が1年後の自分を想像した時に

「1年後もこの人の事を想えるのか?」と

自問自答したのです。

ですが、その時に出た答えは『NO』

そこから、やっと決意し、重い腰を上げて話し合い

結果、「ジエンド」にすることができました。

最初からもう終わらせたいと思っていた自分もいたのかもしれません。

そっからあまりに悩んでいた自分が可哀想すぎて、

自分のために泣いていました。

なんでこんな目にあっても、自分は頑張っていたんだろう、

みたいな笑(わかる人はわかる)

でも、そんなモヤモヤも、しばらく期間があいたら、もはやスッキリ

あの時の私の不安な夜はなんだったんだ。

そんな、カラッとした気持ちになりました。

 

 悩んでいた期間があったからこそ

悩んでいた期間があったからこそ、変われたものもあります。

・人の悩みに寄り添えるようになった

  • ・メンタルが強くなった
  • ・問題解決は早い方がいいと気づいた

私はこんな感じでした。

どうして、はやく「ジエンド」にしなかったのだろうと、今では思います。

でも、悩んでいる時間って苦しいけど、

後々になると、未来へのプレゼントになるのかなと

今ではそう思っています。

この苦しい期間は、私だけではなく、みんな一つや二つ体験してるものだとおもいます。

でも、それをきっかけに新しい道を切り開けたり、

数ヶ月、数年後の新しい自分を作り上げるターニングポイントになったり

マイナスばっかじゃないのかなと、今では思います。

もちろん、自分の捉え方次第ですが、そうやって、苦しんできた期間も再利用して

今度は誰かに貢献できるきっかけになればなと思います。

では。

  • この記事を書いた人
ひかる

ひかる

ボディメイク中の独身女子。ただのダイエッターから、半年かけて本気ボディメイク開 → SummerStyleAwardファイナリスト出場。ほぼ自炊トレーニー。精神科の職場のため、メンタル系の話も得意。

Copyright© しおみず日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.