メンタル

ゆたぽん・キメラゴンから学ぶ。学校での勉強は本当に意味があるのか分析してみた件。

テレビをつけたら今やゴールデン番組のほとんどでクイズ番組が放送されている。

内容を見てても、正直必要かどうかもわからない程にコアな知識を競い合って、視聴者(私)を置いてけぼりにするアレである。

一方その反面

ここ数年で全く逆の人種も見るようになった。

  • 不登校小学生YouTuber「ゆたぽん」
  • 月収6桁中学生ブロガー「キメラゴン」

学歴がなくても世間を騒がせながら稼いでいる2人である。(アンチもたくさんいるが)

二人はまさに見るからに「自由が一番」といった生き方をしている。

社畜真っ最中の私たちからしたら、とても理解し難い二人である。

実際、学校に行かないと不幸になるぞ!といった声がたくさん上がっている。

それは私も同意する。なぜなら学校を経て手に入れた経験や知識があるからだ。

だがしかし、フリーランスで稼いでいる人たちと、社畜真っ只中で低給料の私たちを、比べてしまうときがある。

フリーランスだからと言って、楽して稼いではいないと思うが、明らかにこの差はなんだろう。

そこで、ふと疑問に思うことがある、

はてな

”はたして勉強は本当に必要なのか?”

今回はそんなことについて書いていこうと思う。

スポンサードサーチ

もはや学歴がなくても生きていける時代に

学校に行っている時に「なんでこの知識がいるのか?」と思ったことはないだろうか。

クイズ番組のコアな問題を見てもそう。

活躍する場面があるのかといったら、実際はそうではない。

クイズ番組を除いて、学校で得た知識が私生活で1番活躍する場面といえば、「受験」ぐらいしかないのではないだろうか。

もちろん企業に就職して、たまたま勉強した知識が必要だったケースもあるだろう。

むしろ、

実際に職場に出て必要なのは、知識よりも先行して「人間力」「コミュニケーション能力」だと常々感じさせられる。

(Twitterとかみると余計にね)

それならいよいよ本当に学校は無くなってしまうのか?

行くメリットはなんなのか?

ゆたぽん、キメラゴンを見ていて、学校の意義はなにか考えさせられた。

ただし、

一つ私の中で「ふたりだからこそ成立する」と思うことがある。

それは、

「自分の中で答えが出ているかどうか」

である。

2人は集団からハブれた1人ではない。

なにが一般市民と違うかと言われたら、2人の共通点はここだ。

「自分の意思で学校に行かないと決めた」

ということだ。

学校に行かないと普通なら不安になる。

漠然とした不安。みんなと違う不安。

将来の不安。学歴がない不安。

だがしかし、2人はその道を、自分で決めているのである。

まずここに一般人と大きく差別化する要点があることは確かだ。

その次に共通していること。

「学校に行かなくてもどうにかなる」と気づいている点だ。

正直、他の人からみたら面白くないと思う。

たしかに、

勉強がいくら社会で役に立たないからといって、

「じゃあ行かない」となると「は?」と思うのは自然の原理。

人としての常識を思いきり外しているから、そりゃアンチが沸くわけだ。

だがしかし、彼らをみていると、「自分のビジョン」の確立が出来ていることがわかる。

大人が「やめときなよ」という声をフル無視して、自分のやりたいことに全力なのは、むしろ羨ましささえある。

むしろ、今はそれが成立してしまう時代ではあるのだ。

勉強も取捨選択できる時代。

それにいち早く気づいただけの2人である。

学校に行かなくても大丈夫な時代を作り上げてしまったのは、一体どこの誰であろうか?

スポンサードサーチ

社会のしがらみから抜けるには、「自由になりたい」だけじゃ無理

正直、この2人のようになるには相当な覚悟と、自分のビジョンが見えていないと無理である。

食品でわかりやすく例えるなら、

「スーパーではもう絶対に何も買わない」と自分で決めて、かわりに自分で作った畑で取れた物だけで生活する。

ということではないだろうか。(例えがわかりづらくてスマン)

ようするに、1人でどうにかする状況を作って、案の定、どうにかなっている2人ということである。

完全自給自足型の人間である。

いわゆる2人のやっていることは「フリーランス」ということであるが、

学校での学びを自らすてて、自分で道を切り開いていく覚悟があるということだ。

大人だって、突然急に仕事を辞めて「フリーランスになります!」というのは相当な覚悟が必要だし、かなり難しいだろう。

それが2人にとってはたまたま早かっただけ、ということである。

「安定しない道こそ、幸せがある」ということもきっと理解しているのであろう。

会社がいつ潰れるか分からないこの時代でできること。

もはや、この不況の中、独立した方が数十倍も稼げる時代になってしまった。

会社が雇い側を選ぶ時代は終わりつつある。

今は個人がとても強い時代。

その中で何を材料にして戦っていくのか、それが今後求められることではないかと痛感させられる。

もちろん、こうやったら儲かる!という説明書きですら、「じゃあここからは有料です」と売られている時代。

今は情報が売られる時代なのだ。

各々の武器はなんなのか、何が世間に必要とされているのか、いま一度1人の時間をつくり考える必要がある。

2人にはあって、私たちにない物。

反面、2人にはなくて、私たちにある物。

それをどう売り込んでいくか、が

これからの時代のキーになるのであろう。

  • この記事を書いた人
ひかる

ひかる

ボディメイク中の独身女子。ただのダイエッターから、半年かけて本気ボディメイク開 → SummerStyleAwardファイナリスト出場。ほぼ自炊トレーニー。精神科の職場のため、メンタル系の話も得意。

Copyright© しおみず日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.